2020.09.25 Friday

ごあいさつ

    

IMG_0973.jpg

 

 

 

POOL(小川知子)です

 

 

令和元年5月、三重県伊賀市の実家にて

 

 

「風の庭」をオープンいたしました

 

 

 

 

 

 

 

 

私の両親は定年後

 

 

田舎暮らしを夢見て伊賀の里に移り住み

 

 

家に「風庵」と名前をつけて

 

 

農家民宿や落語会などをしておりました

 

 

 

 

 

2018年3月に父がガンで亡くなり

 

 

母はしばらく一人暮らしをしておりました

 

 

 

 

 

2018年12月に母が脳内出血で手術→入院

 

 

高次脳機能障害が残り

 

 

常に見守りが必要になったため

 

 

2019年4月に病院から老人福祉施設に移りました

 

 

 

 

 

実家が空き家になったのと

 

 

施設にいる母が 日中2〜3時間でも

 

 

外出して家で過ごせたら‥という思いから

 

 

実家で仕事をすることにしました

 

 

 

 

 

代替わりということで

 

 

名前も「風庵」から

 

 

新しく「風の庭」に変えて‥

 

 

 

 

 

最初にゆっくりと時間をかけて

 

 

自分自身や環境や暮らしを整えながら

 

 

 

 

それらが一つにつながって行くように

 

 

チューニングを合わせ続けました

 

 

 

 

 

 

この場所で

 

 

私が本当にやりたいことは何なのか

 

 

 

 

 

 

そうしてしずかに現れてきたのが

 

 

暮らしの宿 と ひとリトリート

 

 

です

 

 

 

 

 

ぜひ一度 

 

 

体験しにいらしてみて下さい

 

 

 

 

 

あなたの中で眠っている

 

 

大切なものが目を覚ますかもしれません

 

 

 

 

 

最後に

 

 

「風の庭」が出来たのは

 

 

父と母のおかげです

 

 

心から感謝しています

 

 

 

 

 

父は生前

 

 

わしは死んだら千の風になるんや

 

 

せやから墓もいらんし、骨も拾わなくていい

 

 

と言い続けておりましたので

 

 

実際そのようにいたしました

 

 

 

 

 

母は庭で花を愛でるのが大好きです

 

 

施設から家に連れて帰って来ても

 

 

家の中にはなかなか入らずに

 

 

ずーっと庭で花や木や山や空を眺めています

 

 

 

 

 

この場所の名前を

 

 

何にしようかと考えていたある日ふと

 

 

風の庭

 

 

という名前がひらめきました

 

 

 

 

 

その瞬間

 

 

父がそばにいてくれる感じがして

 

 

涙がいっぱいあふれてきました

 

 

 

 

 

母に

 

 

風庵から風の庭に名前を変えてもいいかな?

 

 

とドキドキしながら聞いたら

 

 

もう知ちゃんの場所やもん好きにしたらいいよ

 

 

風の庭か‥いい名前やね

 

 

内と外の境がなくて 

 

 

どこまでも広がる感じがするね

 

 

と気に入ってくれました

 

 

 

 

 

母は高次脳機能障害になってから

 

 

日常の様々なことをするのが

 

 

難しくなったのと引き換えに

 

 

意識は天とつながりやすくなったのではないか?

 

 

と感じることが多々あります

 

 

 

 

 

だから私は

 

 

迷っていることがある時など 

 

 

よく母に相談します

 

 

すると母は 

 

 

いつも素晴らしい言葉を紡いでくれます

 

 

 

 

 

「風の庭」での日々の暮らしの中で

 

 

母と共に在るからこそ

 

 

見える景色を楽しみながら

 

 

「今ここ」を生きていきたいと思います

  

 

   

 

   

 

 

 

母が庭にたたずんでいる景色を眺めていると 

 

 

ふっと意識が変容しそうになります

 

  

 

 

 

 

POOLのHP 

 

 

 

 

 

トップページに戻る